ビジネスフォンの基礎知識

ビジネスフォンの必要性

ビジネスフォンは必ずしも企業に必要な電話機ではありません。
少人数で家庭用電話機で十分足りている会社も多くあるのが現状です。



ビジネスフォンを導入するメリット

多くの電話回線を収容する事ができ、同時に通話することが可能で社内の席が遠く声が届かない場合でも内線通話が役立ちます。
家庭用電話だと1回線毎の接続となり同時通話ができずお問い合わせ等の着信を逃すこともございます。



家庭用電話機を利用する

・アナログ回線の場合:モジュラージャックより電話機へ接続(FAXも同様)1番号1通話
・ISDNの場合:モジュラージャックよりターミナルアダプターへ接続、その2ポートより電話機へ接続(FAXも同様)2番号2通話が可能
・ひかり電話:ホームゲートウェイから電話機・FAXへの接続が可能。2番号2通話



ビジネスフォンを利用する

ひかり電話オフィスタイプ・ISDN回線・アナログ回線等の電話回線を複数収容することができ1番号で契約回線数だけ同時通話が可能なシステムであり、使用頻度の低いFAX回線もビジネスフォン(主装置)へ収容することにより契約回線の節約になりますのでコスト削減にも繋がります。